やっぱりルルがスキ。

アクセスカウンタ

zoom RSS TURN16 超合衆国決議壱號

<<   作成日時 : 2008/08/02 11:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「皇帝陛下が行方不明!?」

うわっミス・ローマイヤーいっじわる〜。
こんな時ばっかり「総督」扱いだー。
でもジノがナイスフォロー。
スザクじゃ何言ってもだめだってわかってるけど(ナンバーズあがりだから)、
でもおまいがナナリー守ってやれよ
所詮はナナリーもゼロに復讐(自覚はないかもしれないが)するための道具なのか・・・
もちろん「幼なじみの女の子」だから大切には思ってると思うけど
つくづくユフィが死んじゃったのは大きいよね・・・

一方ルルーシュは皇帝が例の場所に閉じ込められたと思い喜んでます
しかし冗談でも
「服を裏返しに着て、片足で立って踊れ」が咄嗟に出るルルって一体。(笑)

うわぁ〜
囚われのコーネリアお姉さま、セクスィ〜
「妹を助けたいだけ」というルルーシュに妹を殺された姉は相容れるはずもなく。

朝比奈がゼロに不審感を抱きはじめてます。
ロロの一言も余計です。(笑)
ああ〜内部分裂か?藤堂一派離反か?

そしてそして!
カレン
「おさまらないんだよ!紅月カレンを安くみるなー!!」
7連続パンチ。(笑)
「はんっ。抵抗しないところがほんと腹立つ。」
ほんと、腹立つ。(笑)

そしてラウンズに手をだした捕虜の自分を殺せ、と言い切る潔さ。
カレンちゃん男前!!

そう、カレンやルルにあってスザクにないもの。
己の目標のために手段を選ばない、選んでいられない、
しかしそれらが引き起こす全てのことに自覚をもって罪を受け容れ、
それでも前へ進んでいく潔さ。
それがわかってないからカレンはイラつくんだよ。中途半端な正義をふりかざすから。
「あんたなんか・・・だいっきらい。」

ゼロは満を持して「超・合衆国」の立ち上げを宣言。
素敵ですわ、ゼロさま
あいまにC.Cを気遣うルルも素敵ですわ
記憶(?)がなくなってもピザは好き(になる)んだな。(笑)
このC.Cどうするんだろ。
ギアスに関る前の状態・・・見たところ額の紋章も消えてるみたいだし
今ならギアスも効くし、死ぬ(死ねる)ってことだよね。
死にたかったのはギアスのせいで死ねなくなったからであって、
いまの状態のC.Cは死にたいとは思っていないはず。
C.Cの願いは叶ったんじゃない?(笑)
うーむ。

カレンに精神的にボッコにされて落ち込むスザクに
「信じてるの?8年前の自分なんて」と話しかけるアーニャ。
そうか、アーニャが写真ばっか撮ってるのって、記憶を改ざんされたことを知ったからなんだ。
皇帝はなぜアーニャの記憶を改ざんする必要があったのか?

おや、ほかのラウンズもいよいよ登場ですな。
ナイトオブ・テンは下衆な野郎っぽいです。
ジノは相変わらず紳士だね。やっぱ育ちの良さか。(もちろん実力もあると思うけど)

で、ニーナの開発した「フレイア」をランスロットに載せちゃうの?
もう無敵じゃん。人型決戦兵器(笑)じゃん。一人で戦えるじゃん。軍勢とかいらないじゃん。
紅蓮もロイドとセシルがノリノリで改造しちゃったみたいだし。
趣味に走ったら誰も乗れないものになるってどんな改造だよ。(爆)
でも改造された紅蓮はカレンが乗って逃げると信じてますが。

うわっ。
ニーナ、嫌なやつになっちゃったな。
「ユーフェミア様の騎士でしょう?」って、そこにユフィを持ち出すのか。
でもニーナにしてみればユフィの敵をとるために研究に没頭していたのだろうし。
ニーナはきっと全部イレブンが悪いと思っているんでしょう。
大好きで、憧れで、自分の世界の全てだった人が理不尽に殺されてしまったら。
そして自分に復讐する力(能力)があったとしたら。

それにしてもなぁ。

「この矛盾はスザクくんだけじゃない、君を殺すよぉ?」
いつものように軽く言ったけど、ロイドさんのこの一言、重いねぇ。

千葉にメイクされる藤堂。
「この闘いが終わったら私、藤堂鏡四郎に聞いてもらいたいことがあります」
おお〜?千葉告るのか?告るんだな?死にフラグじゃないといいな(ぼそり)

あれ、扇が遅刻とはいえ、出てきたぞ。
崖から落ちてヴィレッタはまた千草になってたりして。

生徒会室のリヴァル、寂しそうだなぁ。
会長は卒業。シャーリーは死んでしまってカレンもニーナも学校へ来ず。
スザクは軍務が多忙でルルーシュばかりかロロもいない。
あの屋上での花火。
「もういちど、いつか絶対にみんなで」ってルルは言ったけど
そんな日はもう二度とこないんだね。

で。
超合衆国決議壱號が成立したところでオヤジ登場。
戦を煽ってます。
しかしオヤジが生きていたとなるとナナリーの身が案じられる。
ナナリーのことになると、とたんにお兄ちゃんダメな人になっちゃいます。
おちつけよールル

友達と信じてスザクに電話するルルーシュ。
なりふりかまってないね。
「君の頼みなんか、僕が引き受けると思うのか」
「思わない・・・それでもお前しかいないんだ」
「身勝手だな」
「わかっている。それでも、お前しか・・・。ナナリーを、ナナリーを、守って・・・ください。」

ええ〜!?ルルーシュが、屈辱に耐えながら「守ってください」って言ったー!って普通思うよね?
でももしかしたら、妹の身の安全のためには全然屈辱じゃないのかも。
しかもお願い事するんだもん、頭を下げるのはあたりまえだよね。
そういった意味でルルーシュは正しい。というか、まっとうな考えの持ち主なのかも。
まさに手段を選ばない。
なぜならナナリーの安全こそが彼の命題だから。

ナナリーを守ることと引き換えに、枢木神社で2人きりで逢う約束をするスザク。

さて。
あのルルーシュが何の策もなく現れるはずもなく。
それとも、ことナナリーに関しては逆に何の策略も用意せずスザクにぶつかるのか。
まー、スザクは策を練り練りで来ると思うけど。

次回タイトルが「土の味」って!!
それはルルに土下座もしくは俺の靴を舐めろ的なことを強いるってことだよね?!
うわっ。枢木卿、ファン減るよー。(どのくらいいるのか不明だが。)

がんばれルル様〜

拍手する

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
TURN16 超合衆国決議壱號 やっぱりルルがスキ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる