やっぱりルルがスキ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 機動戦士ガンダムOO 2nd. 第15話 『反抗への凱歌』

<<   作成日時 : 2009/01/19 12:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

前回負傷しつつもサーシェスを撃退することに成功したセツナ、
マリナと子供たちの歌に「なぜ俺は闘いを・・・」

そして無意識に(?)マリナのもとへ。
「マリナ・イスマイール・・・」
意識朦朧のセツナ、こんな時でもフルネーム呼び。

一方ボロボロのトレミィはカタロンが補給させてくれるみたいです。
「情報をくれたカタロンに感謝しなきゃ、な」
ロックオンをチラ見。
バレバレのようです。

色とりどりのハロ搭載修理メカめっちゃカワイイんすけど!!

とはいえ、こんなところをアロウズに襲われたらかなりヤバイです。
「ダブルオーライザーがいれば・・・」
おやっさんの言葉にティエリアのこの一言。

「セツナは必ず戻ってくる。僕は信じている」

更に、(おそらく)徹夜で修理にあたって廊下で寝込んだミレイナに毛布をかけるティエリア。
「ありがとう、君がいてくれてよかった」

ティエリア・・・本当に変わったな。(涙)


さて、クーデターを事前に知らされたスミルノフ。
旧友が去ったあとも自室で思慮に耽っているが・・・。

誤った政治のもとで軍隊は正しく機能しない。私は正しき政治のもとで軍人として生きたいのだよ」

深い。
このセリフが世界におこる無駄な戦争を語っているよなぁ。

スミルノフ息子は相変わらずルイスを気にかけています。
「君は女性らしい振る舞いをしたいとは思わないのか」

なんですかこの人、ほんとズレてるよねえ。
女が自分で志願して入隊してんのにそんなこと考えるかっての。
そんなこと考えるならとっくに辞めるか、そもそも入隊しないから。

しかも沙慈の名前まで出しましたよ。
デリカシーなーい!!
しかしそれすらも
「過去は捨てました」
と無表情でルイスに返された。

ああ。ルイスが人間味を失っていくよー。(泣)

ルイスの背を見送るアンドレイにこの男が現れた!!

「恋の手ほどきなら、この俺様にまかせな!!」

きゃー!
コーラサワー!!
「ふっ」(蔑笑)
「って無視かよ!!」

ほんと、人間て不便よねぇ。(byイノベイター)


「人間にしては使える」マネキン大佐到着。
そこへカタギリも合流。
技術屋がなぜ現場に、との問いに答えるカタギリ。

「ソレスタルビーイングが滅びるところをこの目で見たい」
カタギリも、そしてルイスも、「復讐」が己を動かしている。



そのころセツナは悪夢にうなされていた。
セツナの過去。
幼セツナの行動を止めようとするセツナの前に現れたのは今は亡きロックオン。

「セツナ、過去によって変えられるものは、今の自分の気持ちだけだ。
他は何も変わらねえ。
他人の気持ちや、ましてや命は。」

銃声。
変えられない過去。

マリナと子供たちの歌がきこえる・・・。

目を覚ましたセツナに手を貸すマリナ。
「傷を癒す間だけでいいから。わかりあうためには互いを知ることから始めないと」

セツナが戦争を憎む理由
血筋のせいで王女に選ばれてしまったマリナの人生

互いに無理をしていたのだと。

ラブラブ〜。(by子どもたち)

そんなラブ空間に、トレミイがヨーロッパ支部で補給を受けたという情報がもたらされた。

「その身体で大丈夫なの?」
心配するマリナに「仲間が待っている」
「今度会った時、子どもたちの歌を聞かせてくれ」

傷をおして出ていくセツナ。間に合うか?!



どうにかおおまかな修理が終わった程度のトレミイにアロウズのソレスタ殲滅作戦がしかけられる。
敵総数36機。

マネキンを乗せた司令官機の操縦はコーラサワー。
なぜ自分はMSで出撃ではないのかとぶちぶち。
しかし大人の余裕で、不死身だといわれているそのツキ、当てにしていると言われて有頂天。
「そういうことなら!」と俄然張り切る。
カワイイなぁ。

戦闘開始。

ロックオンが狙い撃ち、ティエリア、アレルヤも出撃するが状況は不利。

思わずマリーも出撃を願い出る。

その時モニターに映し出されたのはマリーの使っていた機体。

「ルイス!!」

その機体に乗っているのはルイスだと知る沙慈。
「やめてくれ、ルイス!」

圧倒的な戦力差。ダブルオーは不在、母艦たるトレミィは火器も不能状態。
司令機内でつぶやくカタギリ。
「九条・・・」
マネキンも勝利を確信していた。
「これでソレスタルビーイングも・・・」

そこへ司令部からの緊急暗号通信が。

「なんだと!?」
思わず声をあげるマネキン。

反アロウズ派は、アロウズがソレスタ殲滅に全力を傾ける隙を利用してクーデター決起。

作戦中のアロウズも引き返さざるを得なくなった。

軌道エレベーター占拠。

その情報を聞きつけ、セツナはアフリカタワーへ向かう。
仲間は必ずそこへ向かうはずと信じて。

しかしその行く手をさえぎる機影。

でました!MR.ブシドー専用機マスラオ!!!

って蟻?!

そのお姿、にしか見えないんですけど。(爆)

あの、もちょっと、デザインどうにかならんかったの?
これがハム絶賛のデザイン?!

「引け、貴様などにかまっている暇はない!」冷たいセツナ。

「邪険にあしらわれるとは。ならば君の視線を釘付けにしよう」

視線を釘付けて、どんだけ恋焦がれとるんだ。(爆)

で、お見せしたトランザムでまんまとセツナの視線を奪ったよ〜。



先週全く触れませんでしたが新OPなってますな。
なにこの裸祭!!(爆)曲はおいといて。(酷)

それよりED絵ですが、ガンダムという武力が不要になり朽ちた機体・・・ってことなのかしら?
ちょっと物悲しいですね。
果たしてこれが物語のエンディングを示唆するものなのか。


次回「悲劇への序章」

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
機動戦士ガンダムOO 2nd. 第15話 『反抗への凱歌』 やっぱりルルがスキ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる