やっぱりルルがスキ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「20世紀少年 第2章」「プライド」「クローンは故郷をめざす」

<<   作成日時 : 2009/02/01 21:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

タイトル3本立てで見てまいりました!

20世紀少年

「20世紀少年」は初日!
前夜に放送された「もうひとつの第1章」を見て復習してから見ました。
だって忘れてるよ・・・。
原作も読んだはず(?)だけど連載中に読んでいたので長すぎて初めの方とかやっぱり忘れてるし。
今度まん喫で一気読みしよう、と思っていたのに第2章の公開に間に合わなかったw

2章は「血の大みそか」から15年後、カンナをメインに話が進みます。
1章同様、原作と比べるとものすごい進みっぷり。
でも2章の方が1章に比べてわかりやすく、面白く見れました。
それにしてもトヨエツがオッチョ・・・。(まだ納得していない)
その他のキャストは、あいかわらずナイスでした。
イチオシはカンナの同級生のキョウコちゃん。
恐怖におののく顔が、マンガそのまま!!(笑)
小池栄子もヘンなテンションの教官役がすごいハマってた。

2章ってケンヂ出てこないんじゃーん?
と思ってたけど、ほんと出てこないよ。
一応最後にちょっとだけ。

ここまで見たら3章も見るけどね。
というわけで星3.5。★★★▲


プライド

現在も好評連載中の一条ゆかりの愛憎どろどろ漫画の実写映画化。
ミッチーが神野役で出演するからってのもあるけど、そもそも原作にハマっているので見ました。
だってすごいんだよー。
女って怖っ!って思うよ、読むと。
でも怖いもの見たさ(?)で読むのやめられない。(笑)

映画の方は、キャスティングはそこそこよかったんだけど、ステファニーがさぁ・・・。
イカツすぎるでしょ史緒クンには。
もうガタイよすぎて、そこにばっかり目がいってしまったよw
一番素敵だったのは高島礼子だな。
イメージバッチリ。

内容は史緒と萌が留学に旅立つまで(かなりはしょってるが)なので、この後がもっとスゴイのに〜って感じ。
でも萌の怖さはよくできてたと思う。
映画というより昼ドラのスペシャル2時間版て感じでした。
ので星2つ。★★


クローンは故郷をめざす

これは単館上映作品で、ミッチー初主演映画なのでファンとして(!!)見にいきました。
内容は全編暗く、(まあ考えさせられる、とも言う)私的には古典的なSFだなぁと。

少し未来の地球で、まだ人のクローニングは認められていないものの、技術は完成している。
その臨床実験代にされちゃったミッチー演じるコウヘイ。
コウヘイは宇宙開発局的なところ(詳細わからん)で働くエリート。(多分)
ある日、大気圏外で船外作業中に事故で死亡。
遺体は宇宙服のまま宇宙をさまよい、回収はできなかった。
あらかじめ生命保険のような形でクローンの承諾をとられていたため、彼はクローニング技術によって再生される。
その際、彼の記憶はすべてバックアップをとられ保管されていた。
事前に本人から何も知らされていなかったコウヘイの妻には、到底認められない。
彼が本当に生前の彼と変わりない「彼」なのか?
しかし再生されたコウヘイ1号は、幼少期に双子の弟を亡くした辛い記憶に強く囚われ記憶障害を起こしていた。
研究所は1号の破棄を決定。
どうせクローンに人権はないのだから、「次」のクローンで成功させ学会に発表すればいい・・・。
1号が研究所を抜けだし失踪したのを良いことに2号を再生する。
1号に起こる「オリジナル」との魂の共鳴。
ひたすらに故郷をめざす1号・・・。

うーん。
自分がもし愛する人を失って、絶望に暮れているときに「あなたの愛する人は再生されました」といってクローンが現れたらどうだろう?
すべての記憶を引き継いで、別れた時そのままの姿で現れたら、その人は愛する人そのものではないのか?
それとも拒否するべきものなのか?
わかりません。
多分、失うことに耐えられず、認めてしまうんじゃないかな。

とか考えながら見てました。
もの悲しい映画が苦手なので星2つ。★★

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「20世紀少年 第2章」「プライド」「クローンは故郷をめざす」 やっぱりルルがスキ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる