やっぱりルルがスキ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 引越精算・その後。

<<   作成日時 : 2009/04/24 18:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

以前日記に書いたのですが、前住居での白塗り精算結果出ました!

※白塗り:築40年純和室2部屋の賃貸ルームを、木という木の部分全てペンキで白く塗り倒し、フスマには白い壁紙を貼りネジで取っ手までつけてあたかも洋間のように仕立てた俺の仕事。(すげぇ)←違う


まず立会・鍵返却。

これは引越当日の3月10日に行われました。


当日まで不動産屋から何の連絡もなかったんで、こりゃ鍵は郵送で済まして立会ぶっちか?!(ヒド)と思ってたんですが、ちゃんと当日に電話かかってきちゃいまして。(当たり前)

「引越屋が午後の何時に来るかはっきりしてないんですぅぅ〜。」

って立会ムリだよ〜をほのめかしてみたんですが、

「じゃあ引越屋さんが来て、荷物積み終わりの頃また電話くださ〜い」って言われちゃったよ。ちっ。


仕方なく(コラコラ)引越終盤に電話を入れる。

そしたらスグ来た。(当たり前)



まずは先制攻撃だ! (何の?)

住み始めて2年目くらいから(計5年住んでました)壁紙がべろべろと剥がれまくっていたことを、さも困ってたけど我慢してた風に報告。

実際、家具があったから押さえられていたものの、荷物を運びだしたらほぼ全ての壁紙がキレ〜にべろんと剥がれている。

「ほらね〜。ヒドイでしょ。」

「うわーほんとだ、こりゃ酷いねー。すみません、ご迷惑おかけしました。施工ミスかなぁ」

「自分で接着剤で押さえてみたりしたんですけどねー」

「そうですかぁー。ほんと、すいません」

不動産屋のおじさん、本当に申し訳なさそうに何度も謝ってくれる。

そうしながらも、ドアの開け閉めや、水道や給湯の作動、汚れのチェックをこなしてゆく。


実は白塗りした時、畳にもペンキがついてしまっていた(!)ので、住んでいる間に敷いていたカーペットはそのまま敷いておいたのだが、あっさりはがされてしまった。(当たり前)



・・・ピンチ!




ところが畳のペンキ跡を見ても、おじさん特にリアクション無し。

???(不安になる私)

何か考えている風のおじさん。

コワイから何か言ってーーー!(心の叫び)


しかし静かに、特になにも責められることなく立会終了。





「では精算結果は郵送で新しい住所にお送りしますね。本当、壁紙すみませんでしたね」

「いえいえ、お世話になりました。2回も更新してたし、住みやすかったですよ〜」

なんて和やかに別れの挨拶をし。


とりあえず新居で大量の荷物が私を待っているので「今は恐怖の請求書のことは考えまい・・・」と引っ越し先へ急ぐ。


これが3月10日のこと。




で。

えー。

数日前、不動産屋のおじさんから電話が来まして。


「Tハウジングです〜。」

ぎっくぅぅぅぅ。


「先日のご精算結果のご連絡です〜」

どっきーーーん。



結論から申し上げますと。



















無罪!!





ええええーーーー?!

マジで?

逆になんで???



「いやー。ほんと、壁紙の件では申し訳ありませんでした。あの壁とか柱に残ってたの接着剤とかですよね。ご自分でされたって言ってましたよね。
ですから、今回は鍵交換費用と通常のクリーニング代だけですので。」



えええーーーーー?!

いいんですかぁーーーー?!



どうやら、先制パンチ(笑)に放った壁紙攻撃がそうとう効いたようで、そして何故か白いペンキを剥がれた壁紙を止めるために塗ったものと解釈されたようで、無罪放免となりました




・・・いい不動産屋(担当さん)だなぁ。

・・・ほんと、すいません




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
引越精算・その後。 やっぱりルルがスキ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる