やっぱりルルがスキ。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「シャッターアイランド」観ました。

<<   作成日時 : 2010/04/21 18:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

この映画の結末は、映画を観ていない人には

絶対に話さないでください。



とのことなので、

ネタバレしないように頑張ります。(笑)


『ディパーテッド』のマーティン・スコセッシ監督と

レオナルド・ディカプリオが再びタッグを組んだ、

不可解な事件が起きた孤島を舞台に、

謎解きを展開する本格ミステリー大作。

原作は『ミスティック・リバー』の著者、デニス・ルヘインの同名小説。



だそうで。


精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、

シャッター アイランド。

厳重に管理された施設から、一人の女性患者が

謎のメッセージを残して姿を消す。

孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった

連邦保安官のテディ(レオナルド・ディカプリオ)は、

この孤島の怪しさに気付き始める……。



冒頭で「人の脳は都合のいい方にだまされている」的な

メッセージが出るせいで、

さぁ、だまされないぞ、と思わず力んで観てしまう。



怪しい、怪しい、

出てくる誰もが怪しく見える。

不可解な状況に翻弄されていく主人公と

騙されまいと観ている自分が重なる。



しかし明かされる「謎」よりも

「それ」に至る経緯の方がショッキングだった。



まぁ、「予想どおりのオチだったよね」と

言う人はたくさんいるんだろうな。


不気味さはよく出ていたと思う。

★3つ、かな。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『シャッターアイランド』お薦め映画
人間の心こそ最大のミステリー。何分で仕掛けに気づくか、同伴者と競うも良し。ラストについて、自説を語るも良し。または肩ひじ張らず、素直に観てしっかり騙されるのも楽しいお薦め作品だ。 ...続きを見る
名機ALPS(アルプス)MDプリンタ
2010/05/01 20:52
『シャッター アイランド』
&nbsp; □作品オフィシャルサイト 「シャッター アイランド」□監督 マーティン・スコセッシ □脚本 レータ・カログリディス□原作 デニス・ルヘイン □キャスト レオナルド・ディカプリオ、マーク・ラファロ、ベン・キングズレー、ミシェル・ウィリアムズ、パトリシア・クラークソン、マックス・フォン・シドー、エミリー・モーティマー、ジャッキー・アール・ヘイリー、イライアス・コティーズ、テッド・レヴィン、ジョン・キャロル・リンチ、クリストファー・デナム■鑑賞日 4月11日(日)■劇場 チネチッタ... ...続きを見る
京の昼寝〜♪
2010/06/11 08:00

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「シャッターアイランド」観ました。 やっぱりルルがスキ。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる